佐賀への引越しに単身パックを利用しました

当時、実家を出て広島に住んでいましたが、実家のある佐賀に引越しました。 引越し業者のプランは様々ありますが、なるべく低予算で引越したいという気持ちがありましたし、実家に戻るわけですから引っ越し当日に荷物が必要なわけではないということもあり、距離に変わらず値段が一律な単身パックを選択しました。

そこで重要なのが、荷物の量です。 広島での生活は一人暮らしでしたが、長年住んでいたということもあり、一般的な一人暮らしと比べて荷物が多い方でした。 もちろん一人暮らしの生活にも必須な冷蔵庫や洗濯機、電子レンジもありました。 佐賀の実家に家電製品は必要ないため、売却可能な物は全てリサイクルショップに買い取ってもらいました。

売却できなかった、ローチェストやテレビ台などは市のゴミ処理場に自分で車に運び込んで持ち込み、処理していただきました。 必要最低限の寝具やテレビ、衣類だけにしたつもりでしたが、実際に引越し当日になると専用コンテナいっぱいになってしまいました。

入りきらない荷物は友人に処分してもらうように頼み込み、なんとか荷物を積み終わったという状態です。単身パックプランという名前から、一人暮らしの荷物を運ぶものと甘く考えていましたが、積み込める荷物はかなり少なく、ほとんどは入りきらないだろうなと思います。

当日に急なプランは変更はできませんので、事前に自分の荷物を入念に確認することが必要です。 広島から佐賀のという遠くはない距離ですが、4月の引越しシーズン到来いうことで立て込んでおり、佐賀の実家に荷物が届いたのは2日後になりましたが、かなり低価格で引越しできましたので満足しています。