引越しは大変

私は今から2年前に家族4人で引っ越ししました。 「大変」もうこの一言につきる!普段から掃除や片付けが苦手な私達家族は、引っ越しまで1ヶ月程あったのに、「仕事」などを言い訳に準備をあまりしませんでした。

ただ、母だけ黙々と準備していましたが、何分物が溢れている家だったので、不要な物・必要な物と分別する事から始まります。結局、母を除く3人は引っ越し1週間前から準備にとりかかりました。

少し呑気だった理由は、引っ越し後、住んでいた家(持家)を売るわけでも無く、また引っ越し先も同じ町内だったので、「また取りにこれば良いや」という気持ちもあったからです。だからと言って、なるべく引っ越しの時に荷物を運ばないと、後は自分の力で運ぶ羽目になります。

1週間で自分の服や、本など色々な物の取捨選択から始まる。
そして箱詰め。間に合わない・・・。
引っ越し2日前になって、「とりあえず自分の物は詰めろ!」に変わった。
すると最初に用意した段ボール箱が足りなくなって、引っ越し業者に相談した所、古い段ボールを頂ける事になった。

当日、引っ越し業者が来る3時間前まで起きて作業してました。 95%完了って感じでした。他の家族も一緒(笑)。

さて、荷物をトラックに運び込まれていって、引っ越し先に運んで行ってくれた。 自分で運ぶ訳じゃないから、本当に楽だ。 お金が余裕あれば、箱詰めから何でもやってくれるのだろうが、生憎我が家は貧乏なので・・・。

午前から始まった引っ越しは午後前に終了するハズだった・・・。 終わらなかった。

引っ越し2日前から、とりあえず段ボールに詰めだした私達家族は、業者が最初に見積もりした荷物の個数以上になっていた訳です。その為、予想していた荷物が増えてしまったので、引っ越し業者さんは仲間内で一度相談したみたいです。

たぶん、引っ越し先が町内という事もあって、昼休憩を挟んでから数名残って荷物を運んでくれました!何てラッキーなんだ!他の業者さんは、追加料金を徴収するかもしれませんので、私達の引っ越しは参考程度にして下さい。

今回引っ越しをした事で思ったことは、「普段から片付けをしておけ!」ですね。普段から整理整頓をしていると、引っ越しはスムーズに進むと思います。 あともう1つ。引っ越し先の家具の位置は、前もって予定立てておくこと。

ちょっと失敗した話ですが、きちんとサイズを測っていなかった為に置きたい所にベッドがおけず、家具のレイアウトがおかしくなりました。きちんとサイズ測って、家具のレイアウトの予定を立てておきましょう。 今から思い返しても、引っ越しはとても大変なイベントでした。